MUTERIUMMUTERIUM

インテリアでアートを買う時の買い方

コラム
初心者向け絵画購入のすすめ
当メディア(MUTERIUM)の画像使用は作者による許可を得ているもの、また引用画像に関しては全てWiki Art Organizationの規定に準じています。承諾無しに当メディアから画像、動画、イラストなど
全て無断転載は禁じます。

初心者にとってハードルの高い絵画購入。

部屋を素敵に演出したいけど、いざ購入するとなれば、

「どんな絵画を選べばいいのか?」
「どこで販売されているのか?」

など、詳しくない初心者にとっては色々疑問や不安がでてくるでしょう。

絵画購入というと高額なイメージもあり敬遠されがちですが、実はとても手軽で身近なものなんです。

そこで今回は絵画購入を考えている初心者に、失敗しないポイントやおすすめの絵画の種類・購入場所などをご紹介。

部屋に美しい絵を飾ると心が豊かになり生活にもハリがでます。

絵画購入初心者にわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてお気に入りを見つけて下さいね。

インテリアにピッタリ!絵画購入のメリットと選び方

merits-of-buying-art
疲れて家に帰って来た時にお気に入りの絵画が目に飛び込めば、心も体もほっこり。
絵画購入すると、美術館では味わえないリラックスした時間を家で過ごせます。

部屋が華やかになる

壁に絵画を飾るだけでお部屋がパーッと華やかになります。

空いた空間を利用して絵を飾るだけなので、飾り付けが苦手な人やインテリアアート初心者にもおすすめ。

絵画が一つあるだけで、お客様からも「素敵なお部屋だな。」と思ってもらえることでしょう。

初心者が絵画購入する際は自分のお気に入りのものを選ぶのがベストですが、玄関やおトイレなど、お客様が使用する場所には有名な画家の作品などを買うのもいいかもしれませんね。

癒やし効果

アートセラピーといった言葉があるほど、アートには癒やし効果があります。
美術館に出かけて癒やされるのもいいですが、絵画購入して家で楽しむのも癒やしの一つ。

美しいアートを見ることは、心地良い刺激と感動をもたらし交感神経や副交感神経のバランスを保ちます。

「最近やる気がでない。」
「落ち込みやすい。」

そんな人にこそ絵画購入はおすすめ。

花や木の絵画は癒やし効果にも優れ、お部屋のインテリアとしても溶け込みやすいので、どんな絵画を選んでいいかわからない初心者は、まずは自然がテーマの絵画を探してみて下さい。

感性・想像力が磨かれる

絵画購入や美術鑑賞が趣味になってから、仕事が上手くいくようになったという人もいるほど。

才能に満ちた絵描きが作成した絵画は、自分の中にはない自由な発想があり勉強になります。

「どんな意味が込められているのだろう。」そう心の中で思い浮かべながら鑑賞にひたると、また違った視点で新しい見方ができるはず。

初心者の絵画購入は気に入ったものを選ぶのがおすすめですが、慣れてきたら自分の好みとは違った絵を選んでみるのもまたおもしろい発見があるかもしれませんね。

初心者が絵画購入する際のポイント

points-to-buying-pictures
絵画購入するにあたり、初心者の頃は何を基準に選んでいいのか分からないのが本音。
こちらでは、初心者が実際に絵画購入する時に押さえておきたいポイントをご紹介します。

値段で決める絵画購入

絵の価格帯はとても幅広く、数千円で購入できるものから評価の高いものであれば数千万円・数億円するものまで様々。

資産として絵画購入する人も多いですが、慣れてない初心者の頃はインテリアとして気に入ったものを購入するのがおすすめです。

絵はいつまでも残るものなので、初心者を卒業し価値がわかりだしたら資産として少し高額のものも検討してみるといいでしょう。

絵の購入場所

絵画購入の場所と言えば画廊や百貨店が思い浮かびますが、初心者の頃は少し敷居が高く感じるかもしれません。

そこでおすすめなのがネット通販。

今の時代はネットで絵画購入できるサイトがたくさんあり、気軽に手に入れることができます。

特に初心者におすすめなのが、2015年スタートした「amazonファインアート」。

絵画購入をスマホやタブレットでできるので、簡単に手に入れたい初心者に人気です。

有名な画家が描く油絵や個人のイラストレーターが描いたポップなイラスト、オリジナル制作された1点ものなど多数販売されています。

ギャラリー別やカテゴリー別、アーティスト別から選択できる以外に、額縁のありなしまで選べ、ポチッとクリックするだけですべて完結。

まるで美術館に行ったように色々鑑賞しながら簡単に絵画購入が可能です。

質の高い絵を4000点以上取り揃えていて、価格も数千円からとリーズナブルなので初心者におすすめ。
絵画購入を考えている人は、ぜひアマゾンのサイトをチェックしてみて下さい。

絵の画材の違い

絵画には色々な画材が使わています。
初心者の時は違いがわかりにくいですが、絵画購入の際はどのような画材で色付けされているのか、それぞれの特徴を覚えておくといいでしょう。

油彩画

油絵の具を用いて描かれた絵画。
水は一切使用されておらず、色を薄める際は油を使います。
油絵で描かれた絵は力強く、インパクトがあるのが特徴です。

油水彩画

水溶性の絵具を用いて描かれた絵画。
薄める時には水を使用し、透明感のある淡い仕上がりが特徴です。
小学校の図工でも使用されており日本人には馴染み深い存在なので、初心者の最初の絵画購入にもおすすめです。

油アクリル画

水彩のような油彩のような、様々な表現が可能なアクリル画。
繊細なものから重厚感のあるものまで、色々な絵画が楽しめます。
マリリンモンローの絵で有名なアンディー・ウォーホルが描くポップアートなどもアクリル画です。

絵のサイズ

絵画購入するにあたり、初心者のころは直感で選ぶのは大事ですが、きちんとサイズの大きさは確認しければいけません。

特にネットから購入する場合パソコンやスマホからイメージする大きさと、実物の大きさは異なります。
「思っていたのと違う。」とならないよう必ずサイズを確認しましょう。

初心者におすすめの絵画

recommended-pictures-to-buy
実際に販売されている絵画は大きく分けて3種類。
それぞれの特徴と初心者が購入しやすい絵画をご紹介します。

油原画

画家が直筆した世界に一つしかない絵画のことをいいます。
値段は画家によりバラバラですが、有名アートとなれば数億円以上で販売されるほど価値が高いもの。
絵画購入に慣れているコレクターやアートが趣味で見抜く力のある人にはおすすめですが、初心者の頃はハードルが高いかもしれません。

美大生や無名アーティストの描いた原画であれば比較的リーズナブルです。

油版画

絵画購入初心者に最もおすすめなのが版画。
同じ作品を大量に販売しているのでお値段も低価格です。
大量だからといって価値が無いわけではなく、エディションナンバーが割り振られ、番号が前になるほど価値が上がります。

油プリント(複製画)

アートとしての価値はありませんが、初心者が気軽に楽しむインテリアとしておすすめ。
低価格で購入でき、自宅で名作を鑑賞することができます。

無料から数千円で購入できますが、劣化しやすいのがデメリット。
長期間楽しむ絵画としては向いていません。

まとめ

summary-to-buying-art
絵画購入は初心者にとってハードルが高いイメージがありますが、きちんとリサーチしてポイントを押さえれば大丈夫。

基礎知識を深め、どのような絵画が自分に合っているかを考えてみましょう。

ネット通販は初心者におすすめですが、額縁なども含めて大きさは必ずチェックして下さい。

まずはプリントや版画の絵画購入からスタートし、たくさんの絵画を見て知識や感性を高めましょう。

初心者を卒業し絵に対する価値がわかり始めたら、原画などにもチャレンジしてみて下さいね!

コメント
初心者が絵画購入するにあたり、必要な知識やポイントをご紹介。
絵画購入は思っているほど難しいものではありません。しかしある程度知識がないと、良い絵画に出会えない可能性もあります。初心者の頃はとにかくたくさん絵画を見ることが大事。知識を深めて絵画購入にチャレンジしてみて下さい!

関連記事
No Comments
    コメントを書く